結婚式のタイムスケジュールはどう作る?ふたりにとってベストな式の作り方

いざ、結婚式をあげよう!と具体的に考え始めた時に困るのが結婚式のタイムスケジュール。
「どのタイミングで挨拶すればいいの?」
「動画ってどのタイミングで流すの?」
などなど、考えるべきことがいっぱいで頭が痛くなってきますよね。。
そこで一般的な結婚式の簡単なタイムスケジュールを紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

5968782778_1c58466737_z

挙式から披露宴までのタイムスケジュール
タイムスケジュール例 内容
挙式
30分 挙式 式場入場後、誓いの言葉、記念撮影など
10分 挙式後 フラワーシャワーで退場、ブーケトスなどもここで行う
披露宴
開始前 ゲストが披露宴会場へ  披露宴が始まるまで、ゲストは着席して待っていたり、新郎新婦が用意したウェルカムボードや写真をみて歓談
5分 新郎新婦入場 入場の音楽など流して新郎新婦入場。最近ではオープニングムービーを流してから、入場することも多くなっています。
5分 新郎新婦の紹介・挨拶 この時、司会が新郎新婦の紹介をする場合もあれば、新郎新婦自身が自己紹介と挨拶をする場合もあります。
10分 主賓の挨拶 会社関係の方を招待している場合は、上司に、もしくは、特別お世話になった人などから挨拶の言葉を貰います。
3分 乾杯の挨拶 乾杯の音頭は、会社関係の人にやってもらうことが多いですが、司会や新郎が行う場合もあります。
15分 会食&歓談タイム  シェフの料理説明、各種ゲーム
10分 ウエディングケーキ入刀 ケーキ演出(ファーストバイトなど) 、写真撮影など
25分  新郎新婦のお色直し退場
ゲストは引き続き会食&歓談
 中座中に2人の生い立ちから馴れ初めまでをまとめた動画を流すのが主流
20分  新郎新婦の再入場  イルミネーション演出(キャンドルサービス、花火、光る液体など)を行ったり、各テーブルに新郎新婦が回ってテーブルフォトなど
30分  余興&スピーチタイム  友人たちによる余興・友人代表のスピーチなど
10分  新婦の手紙&花束贈呈  親に花束やプレゼントの贈呈・花嫁の手紙で感動のフィナーレ
5分  退場 ゲストにプチギフトを渡してお見送り

これが一般的な結婚式の流れ、もちろんウエディングケーキや動画を流すタイミングは入れ替えたりして、ふたりの希望に合わせた式にしてみてくださいね。
良い結婚式を!

スポンサーリンク









スポンサーリンク