ランダム通話アプリ「koemo (コエモ)」の実態を評価・検証

koemo_icon
koemo(コエモ) すぐに誰かと話せる通話アプリ
運営会社 colony Inc.
サービス開始 2017年
アプリストア AppStore
GooglePlay版は無し

ざっくりまとめると

  • Koemoは男女の出会いは絶対禁止の通話アプリ
  • 利用者層では出会い厨や変態が多くおり注意が必要
  • 利用の前に逮捕・恐喝リスクが存在することを必ず知るべき

アプリの使い方

Appstore引用:
koemoは1タップで話し相手がすぐ見つかる、無料の通話アプリ!
細かい設定は不要です!
まずは気軽に会話を始めてみましょう!

●こんな人におすすめ
深夜だから友達には電話しづらいけど誰かと話したい!
誰かと話したいけど文字を打つのは面倒!
相手を探すのは面倒、誰でもいいからすぐに繋がりたい!
たくさんの人と話して会話下手を克服したい!
かっこいい、可愛い声で癒されたい!

●会話を続けてプロフィールを解放しよう
通話時間に応じて徐々にお互いのプロフィールが表示されます。
気の合わない人にはプロフィールを表示したくないという人にも安心。
少しずつ解放されるので会話のきっかけにも!

●メーアドレスやSNS連携一切なし
シンプルなプロフィール設定のみで簡単に始められるので、インストールしてすぐに会話を楽しめます!

koemoの使い方

「Koemo」は登録後、ランダムに即誰とでも通話をすることができるランダム通話アプリです。
類似アプリでは、「斎藤さん」というアプリも存在します。
「斉藤さん」は、ゲームや動画など様々な機能が含まれており、複雑化していますが、Koemoは至ってシンプルなアプリです。

ランダム通話機能

登録後、一番右の電話タブから通話マークを押すと、すぐに誰かと通話が始まります。
非常にシンプルです。最初はドキドキするものと思います。

誰かから突然電話がかかってくることはなく、その瞬間に通話を押した人同士がつながる仕組みです。

履歴機能

誰かと通話を行った場合、その通話者の履歴を見ることができます。
しかし、1日経過すると履歴からは削除される仕組みです。

トーク機能

一度通話した相手にはトーク画面からメッセージを送ることができます。
しかし、自由にテキストを打ち込めるわけではなく、

今から通話できますか?
ありがとうございました
はい
いいえ

この4つから選ぶ形になります。
また、トーク画面から通話リクエストを送ることも可能です。

Koemoでの出会い

Koemoは「出会い」目的の利用は禁止されています。
利用規約の第6条禁止事項にも異性交際目的の利用は禁止されていると明記されています。

Koemoの利用者層

Koemoに関わらず、ランダム通話アプリの利用者は大体が男性80%、女性20%ほどです。
男性ばかりが通話に出てくると思います。そして、男性の目当ては女性なので、男性同士とわかると、すぐに通話を終了するのがほとんどです。

そんなランダム通話アプリの利用者は大抵3つの属性にわかれます。

普通の中高生

興味本位で使っている中高生の男子が多いです。
大抵は一言目から、
「男?女?」
「何歳?」
「どこ住み?」
といった質問を畳み掛けながら、脈絡もなく通話を切る場合が多めです。

出会い厨

本来「出会い」目的の使い方は禁止されていますが、必ず男女の出会いを目的にした人間が存在します。
彼らの目的は最終的にLINE IDを交換することです。
しかし、出会い目的の利用はもとより禁止ですし、後に説明するように、このアプリを介しての男女の出会いは非常にリスクの高い行為ですので、絶対にかかわらないようにしましょう。

変態

ランダム通話アプリではこの「変態」の多さに驚くと思います。
特に変態の目的は女性に対して、エロトークを行ったり、お互いに許諾をすればビデオ通話も可能となるため、
ビデオ通話でお互いの体を見せあおうという誘いをしてきます。
関わりたくない人はすぐに通話を終了しましょう。

Koemoの危険性

Koemoなどのランダム通話アプリを利用する上で必ず注意すべきなのが、逮捕や恐喝事件への発展です。特にKoemoを出会い目的で使おうとすると大きな事件に発展する可能性があります。

Koemoでの逮捕リスク

まず前提としてKoemoはAppleのレーティングでは18歳以上でなければ使えないようになっています。
しかし、Koemoに登録する際、ユーザーは年齢を入力する項目はありません。
つまり、運営会社が年齢確認書類をもとに本人確認をすることは一切ないのです。

もし、成人男性が未成年ユーザーと繋がり男女の深い関係になった場合、刑法第176条(強制わいせつ)によって、6ヵ月以上10年以下の懲役となる場合がありますので充分注意してください。

Koemoでの恐喝リスク

この読者の中には「未成年と出会えるなんて、最高じゃん」と思う人もいるでしょう。
しかし、それは大きな間違いです。未成年との淫行は犯罪です。そして、犯罪であるということをわかった上で、男性に近づいてくる若者グループも存在しています
どういうことかというと、例えばこういうことが起きるのです。

Koemoで、年齢を偽り成人女性として通話をする女の子がいます。
その子はアプリ上で男性と会話を交わしたりLINE IDを交換し、実際に会ってみようという話になります。
そして、そこで初めて実は未成年であることを告白します。
その直後、どこからともなく、いかつい若者が出てきて、「あんた未成年と会ったよね?犯罪だよ?」とけしかけて、「○○円だしたら、見逃すから」と恐喝をしてくるのです。

もちろん恐喝のほうが明らかに犯罪です。

しかし、もしあなたが恐喝される当事者だったら、「 ランダム通話アプリを利用してたら恐喝された」というのを警察に言って、大ごとにしますでしょうか。
そもそも「出会い目的禁止」のランダム通話アプリで出会いを行ったことにも落ち度があります。

そのため、少し後ろめたさがあり、表沙汰にはしたくない、そう感じる人は少なくないはずです。
恐喝グループはまさにその心理を狙っているのです。

そして、今言ったことが、実際に「斎藤さん」というランダム通話アプリで発生しています。
未成年というだけではなく、いわゆる美人局として、「俺の女に手を出したな」と、シンプルに恐喝してくる場合も起こり得るでしょう。

ランダム通話アプリでの男女の出会いというのは非常にリスクの高いことなのです。

Koemoの総評(まとめ)

Koemoは非常にシンプルなアプリです。知らない人と会話をするというドキドキ感を得たい場合には非常に楽しいものになると思いますが、実際に使っている人達は、礼節を欠いた中高生であったり、出会い厨の男性、そして、自分勝手な変態達がとても多いのが実態です。

さらに、通話した相手と実際に出会った場合も、逮捕リスクや恐喝リスクなどの危険が伴います。

そういったリスクをすべて理解した上で、Koemoを利用することは自由ですが、
そこで起こりうる損害はすべて自己責任としてください。

個人的にはKoemoの利用はお勧めしません。

この記事が参考になれば幸いです。