【要注意】出会い系アプリ「イマスマ」の実態を評価・検証

イマスマ_icon
イマスマは完全無料で楽しめるトークアプリ
運営会社 株式会社ケア
サービス開始 2018年
アプリストア iPhone版
Android版

ざっくりまとめると

  • イマスマは出会い系規制法を免れる脱法出会いアプリ
  • 利用者には恐喝・逮捕リスクが必ず存在することを理解すべき
  • マルチ商法の勧誘などが頻発するため注意が必要

アプリの説明

Store引用:
普段とは少し違う自分を表現できるつぶやきトークアプリ。つながりがないからこそ言える、自分をもっと表現したいとお考えの方がトークするだけのアプリです!将来の大きな夢、ちょっとネガティブな気持ち、誰にも相談できなかった悩み、家族にすら隠していた秘密も全部ここなら投稿できます。

[ユーザの登録]
登録にはアドレスや電話番号の個人情報が不要、匿名での登録だから安心して自分らしさを表現することができます。簡単なユーザを登録を済ませたらさっそく投稿してみよう。

[投稿を閲覧]
他の人たちの投稿を見ることができます。上から新着の投稿順に表示されます。お気に入り投稿や応援したい投稿にはコメントを残すことができます。

[サポートとセキュリティ]
SNSアプリや出会い系アプリなどまだご利用したことが無い方でも安心して使えるよう、強力なセキュリティを提供しています。常時アプリ内における監視業務を行い、お問い合わせも24時間対応しております。個人的に不愉快に感じる内容や二度と見たくない投稿は非表示にし、拒否することもできます。

[投稿について]
投稿された内容について運営スタッフが内容の確認を行い、掲載基準を満たしていない内容は削除の対象となり、公開できません。
以下の要件を満たした内容のみ投稿できます。
・誹謗、中傷、差別、他人の信用を毀損する内容を含まないもの。
・公序良俗に反する内容ではないもの。
・著作権、肖像権等第三者の権利を侵害しないもの。
・利用者または第三者のプライバシーの侵害をしていないもの。
・利用者または第三者に迷惑および不利益、不快感を与えないもの。
・運営スタッフが適切な投稿と判断できるもの。

必ず、アプリ内に記載された規約に同意の上で、投稿などのサービスをご利用ください。

イマスマの料金形態

イマスマは基本的には完全無料のアプリです。Android(アンドロイド)のみの提供です。
アプリ内のところどころに広告枠があり、広告収入によって利益をあげるビジネスモデルとなっています。

イマスマを使う前に知っておくべきこと

イマスマは「出会い系規制法」の対象外のアプリとなります。
つまり厳密には「出会い系アプリ」ではありません。

出会い系規制法対象のアプリであれば必ず必要な、本人確認のフローがないため、規制法対象外のアプリであると考えられます。ただ、これは無料の出会い系アプリではよくある、出会い系規制法の抜け道を使ったサービスモデルであり、実際、中で使っているユーザー達のほとんどは出会い目的でアプリを利用しています。

イマスマで注意すること

イマスマは法律上、出会い系アプリではありません。
そのため、利用の際に必ず、頭に入れておくべきポイントが複数あります。

その1 逮捕リスク

まず前提としてイマスマはAppleのレーティングでは18歳以上でないと使えないようになっています。
しかし、イマスマに登録する際、ユーザーは任意で年齢を入力するだけで利用ができてしまいます。
運営会社が年齢確認書類をもとに本人確認をすることは一切ありません。したがって、未成年ユーザーが実際の年齢を欺いて使うことは実質可能となります。

もし、万が一未成年ユーザーと繋がり、深い関係になった場合、刑法第176条(強制わいせつ)によって、6ヵ月以上10年以下の懲役となる場合がありますので充分注意してください。

その2 恐喝リスク

一部の人の場合、「むしろ未成年と出会えるなんて最高だ」と思う人もいるでしょう。
しかし、それは大きな間違いです。未成年との淫行は犯罪です。そして、犯罪であるということをわかった上で、男性に近づいてくる若者グループも存在しています
どういうことかというと、例えばこういうことが起きるのです。

出会い系アプリで、年齢を偽り成人女性として登録した女の子がいます。
その子はアプリ上で男性とメッセージを交わし、実際に会ってみようという話になります。
そして、そこで初めて実は未成年であることを告白します。
その直後、どこからともなく、いかつい若者が出てきて、「あんた未成年と会ったよね?犯罪だよ?」とけしかけて、「○○円だしたら、見逃すから」と恐喝をしてくるのです。

もちろん恐喝のほうが明らかに犯罪です。

しかし、もしあなたが恐喝される当事者だったら、「無料の出会い系アプリを利用してたら恐喝された」というのを警察に言って、大ごとにしますでしょうか。

少し後ろめたさがあり、表沙汰にはしたくない、そう感じる人は少なくないはずです。
恐喝グループはまさにその心理を狙っているのです。

そして、今言ったことが、実際に発生したのが、「ぎゃるる狩り」という事件です。
イマスマと同様の無料出会い系アプリ「ぎゃるる」を介して発生した事件になります。

悪質な通販購入誘導に注意

イマスマでは、メッセージのやりとりを何通か行うと、無理やり通販の購入ページに飛ばされることが頻発しています。

現在、アクセス数が多いためチャット送信に制限があります。

このような注意書きとともに、精力剤の広告ページへの誘導があり、購入をするとアクセス制限が取れるという非常に無理やりな悪質誘導がなされるのです。
定期購入で40000円もかかる商品のため、安易に信用して購入することはおすすめ出来ません。

ほぼすべての人にこのような誘導が出るので、実際にアクセスが混雑しているということはなく、この誘導方法は非常に悪質な詐欺誘導である可能性が非常に高いと言えるでしょう。

イマスマの利用者層

イマスマに特有のユーザー層というのは無く、「ぎゃるる」や「マリンチャット」などその他の無料出会い系アプリと同じようなユーザー層と考えて まず問題ないです。
具体的には下記のような目的・属性のユーザーが混在しているというのが現状です。

▼18歳以下の少年少女

Appstoreのレーティングでは、18歳以下の男女は利用できません。
しかし、アプリをDLしても年齢認証などなく、自己申告の生年月日入力でパスできてしまうので、形骸化していると思われます。

▼援助交際目的の男性

18歳以下はいないはずですが、「実態としては多くの少女が利用している」という事実を知っている男性ユーザーが援助交際を目的として少女に声を掛けているというのが現状です。
そもそも、援助交際目的の利用は「イマスマ」では禁止されています。通報された場合、すぐにアカウント凍結されることになるでしょう。

▼ネットワークビジネスマン

「イマスマ」に限らずですが、無料の出会い系アプリにはまず間違いなくネットワークビジネスマンがたくさんいます。「カフェで稼ぐ方法教えようか?」とわかりやすく誘ってきたりもします。「アムウェイ」や「モリンダ」のようなビジネスを進めて来る人も多いでしょう。こういう目的の人と関わっても、最終、得をしないのでかかわらないことを強くお勧めします。

▼チャットガールの誘い

女性ユーザーが気をつけなければならないのが、チャットガールの誘いです。
高収入バイトをうたい文句にライブチャットなどの仕事を斡旋しようとしてくる人間がいます。これも、最終的に、水商売や風俗への勧誘につながるため、軽い気持ちで関わることはお勧めしません。

イマスマの口コミ・評判

イマスマの実際のユーザーの声を集めてみました。
ほとんどのユーザーが通販購入の誘導を報告しており、無料の皮を被った、典型的な悪質誘導アプリであると考えられます。

使用して半日程でアクセスが混んでる。サプリメントの100円で購入すると出来るようになるというがよく読むと4回以上の定期購入。結局は4万近く払う事になってしまいます。それに話が一方通行の方が多い。評価良い方ではなく低い方見たほうか確かです。
最低なアプリだと思います 完全無料は嘘です。健康食品を購入しないとアクセス制限だと言い返信のみが使えなくなります。問い合わせにメッセージを送っても10日以上相手への返信のみが使えなく最悪なアプリサイトだった。 新手の詐欺かと思います。
女性からメッセージが来たから返事を返しても返ってこない。こっちからメッセを送っても返って来ない。やり取りできても話が全く噛み合わない。女性から会いたいって返事が来たから会おうとしてやり取りしても返事が返ってこない、ドタキャンされる。LINEで話そうって言ってきたからLINEのIDを交換してLINEしても既読が全く付かない。マジ最低。

サクラばっか、「今から会えますか?」っていうヤツに「いいよ、今からいくねー」ってやったら大半黙るwww 変な商品契約させられる。それしないとアクセス制限取れない。 何が完全無料だよ、超ボッタクリアプリだよコレ。
無料なのははじめだけ‼ 途中からは、広告の商品を買わないとメッセージ交換出来なくなります。 しかも会話が成り立たないサクラも‼ 別々の相手から、一言一句絵文字まで全く同じメッセージが届いたりして萎えたwww

イマスマの退会方法

イマスマでは退会導線はないため、利用停止をお考えの方はアプリのアンインストールを行うようにしてください。
端末に入れっぱなしであると、個人情報を抜き取られる恐れもありますので、確実に削除を行うようにしましょう。

イマスマの利用は自己責任で

改めて伝えますが、イマスマは法律的な定義上、「出会い系アプリ」ではありません。
よって、「出会い系サイト規制法」による厳格なルールは適用されません。
イマスマの中で悪意を持って、他のユーザーに接近し、LINEなどを交換して友達となり、のちに事件化していくという可能性は大いに考えられますが、それに対して運営側は責任は負わないということになります。つまり、すべて利用するユーザーの自己責任ということになるのです。

このような無料の出会い系アプリでは、業者・援交目的などのユーザーが間違いなく存在します。
女性の方の利用は全くお勧めしませんし、男性側も、「ぎゃるる狩り」に代表されるような事件やネットワークビジネスへの勧誘などリスクは伴います。

そういったリスクをすべて理解した上で、イマスマを利用することは自由ですが、
そこで起こりうる損害はすべて自己責任としてください。

個人的にはイマスマの利用はお勧めしません。

この記事が参考になれば幸いです。