ひまトークチャットアプリ「Chatty」の実態を評価・検証

Chatty_icon
ひまトークチャットアプリ・完全無料SNS・友達探し – Chatty
運営会社 Ichiro Suzuki
© mashitapps
サービス開始 2015年
アプリストア AppStore
google play版は未リリース

ざっくりまとめると

  • Chattyは出会い系規制法を免れる脱法出会いアプリ
  • 利用者には恐喝・逮捕リスクが必ず存在することを理解すべき
  • マルチ商法の勧誘などが頻発するため注意が必要
Appstore引用:
このサービスは暇つぶしを楽しむサービスです。
他社SNSの交換、並びに迷惑行為はお控えください。

【こんな人におすすめ!】
・毎日同じ人としか話していなくて退屈している人!
・なんでも話せる友達が欲しい人!
・同じ趣味、趣向をもった人とトークしたい人!
・暇すぎて死にそうな人!

【使用方法】
1.まずは20秒でカンタンにプロフィール登録。
2.タイムラインで今の気分をシェアしてみよう!みんなが何をしているかもチェックできるよ!
3.気になった相手のプロフィールを見てみよう!
4.トークをしたくなったなら、”トークをする”ボタンをタップ!
5.トークがスタート!あなたなりのトークを楽しんでね!

【してはいけない使い方】
・誹謗、中傷等を目的とした利用
・性的な内容を含むトークの公開やタイムラインへの投稿
・広告を目的とした内容を投稿
・求人や勧誘を目的としたトーク
・個人情報などを送信する行為

またこれらに反した場合、削除の対象になります。

Chattyは有料?無料?

Chattyは完全無料のアプリです。課金のポイントは一切ありません。以前はCchatというアプリ名でしたが、Chattyに変更されています。アプリ内のところどころに広告枠があり、広告収入によって利益をあげるビジネスモデルです。

Chattyを使う前に知っておくべきこと

Chattyは「出会い系規制法」の対象外のアプリとなります。
つまり厳密には「出会い系アプリ」ではありません。アプリ内でも出会い系目的で使用することは厳しく禁止されています。出会い目的での利用だと判断されるとアカウントが凍結されるそうです。

ただ、これは無料の出会い系アプリではよくある、出会い系規制法の抜け道を使ったサービスモデルであり、実際、中で使っているユーザー達のほとんどは出会い目的でアプリを利用しています。

Chattyはどんなアプリ?

Chattyはいわゆる友達探しアプリという側面が大きく、
一見、出会い系ぽさというのはあまり感じられません。

しかし、大半のユーザーの目的は出会いであることは間違いないでしょう。

Chattyの使い方・機能

Chattyは4つの機能で成り立っています。

つぶやき機能

ホーム画面からツイッターのようにつぶやくことができ、
そこから、そのつぶやきに対して返信ができたり、さらにはトークをすることができます。
この機能は男女両方ともが表示されているため、異性同性関係がなく並んでいます。
この機能があるからこそ、オルカが出会い系アプリぽくなく、友達探しアプリぽさをうまく演出できていると言えるのでしょう。

つぶやきはホーム画面でタイムリーに表示されていきます。Twitterのようにフォローしている人だけではなく、現在のChatty利用者全てが、下記のように時系列で表示されていき、そこに誰かが返信をしていきます。
いわば出会い掲示板のような役割です。

トーク機能

トーク機能では、通常の出会い系アプリのように2人で完全無料でメッセージをすることができます。
完全無料だけに、何の制限もなくトークが開始することができます。

足跡(足あと)機能

通知タブには、足あとというタブがあります。

「足あと」というのは、他のChattyユーザーが自分のプロフィールに訪れたときにつくものです。
ということは、自分が他のChattyのプロフィールを閲覧したときに相手の「足あと」に自分のマークが付くことになります。

付けた足跡は消える?

多くの人が足跡の消し方を気になるようですが、足跡の消し方はありません。一度付けてしまった場合、相手の足跡画面から自分を消す方法はありません。

ブロック機能

ブロック機能はLINEと同じように、相手をブロックする機能です。
このブロック機能を実行した場合、ブロックされた側には、通知等はありません。
ブロックされた側は、相手のプロフを閲覧しようとして、見れなかった際に初めて、自分がブロックされたことを知ります。

通話・電話の仕方

Chattyには通話・電話の機能があります。
しかし、誰とでも電話ができるわけではありません。Chattyのマイページで「電話を受け取る」設定をしていた場合にのみ、相手との電話が可能です。ただし、自分がiPhoneで相手がAndroidだった場合、電話ができない場合があります。

【追記】2019年4月以降 Chattyにおいて電話機能は全停止をしています。つまり、電話機能は一切使えません。アップデート後に電話機能が復活する予定のようですが、アップデート日は未定です。

LINEやカカオへの移動

Chattyで会話している人との出会いは禁止されています。
そのため、相手と親しくなった場合、オルカではなくLINEやカカオトークへ移動してやりとりを続ける必要が出てきます。しかし、Chatty内でいきなりLINEIDやカカオIDを記載するのは規約違反となります。そのため、多くのユーザーは「緑色(LINE)でIDは×××」のように隠語を使ったり、 ID内のアルファベットを一部カタカナやひらがなにすることで伝えることが多いようです。

Chattyで注意すること

Chattyは法律上は出会い系アプリではありません。
そのため注意すべきポイントが複数あります。

その1 逮捕リスク

まず前提としてChattyはAppleのレーティングでは18歳以上でないと使えないようになっています。
しかし、Chattyに登録する際、ユーザーは任意で年齢を入力するだけで利用ができてしまいます。
運営会社が年齢確認書類をもとに本人確認をすることは一切ありません。したがって、未成年ユーザーが実際の年齢設定を欺いて使うことは実質可能となります。

もし、万が一未成年ユーザーと繋がり深い関係になった場合、刑法第176条(強制わいせつ)によって、6ヵ月以上10年以下の懲役となる場合がありますので充分注意してください。
また、性別も欺くことができるため、男性であるにも関わらず、女性を装った冷やかしである、いわゆるネカマも存在するでしょう。

その2 恐喝リスク

この読者の中には「未成年と出会えるなんて、最高じゃん」と思う人もいるでしょう。
しかし、それは大きな間違いです。未成年との淫行は犯罪です。そして、犯罪であるということをわかった上で、男性に近づいてくる若者グループも存在しています
どういうことかというと、例えばこういうことが起きるのです。

出会い系アプリで、年齢を偽り成人女性として登録した女の子がいます。
その子はアプリ上で男性とメッセージを交わし、実際に会ってみようという話になります。
そして、そこで初めて実は未成年であることを告白します。
その直後、どこからともなく、いかつい若者が出てきて、「あんた未成年と会ったよね?犯罪だよ?」とけしかけて、「○○円だしたら、見逃すから」と恐喝をしてくるのです。

もちろん恐喝のほうが明らかに犯罪です。

しかし、もしあなたが恐喝される当事者だったら、「無料の出会い系アプリを利用してたら恐喝された」というのを警察に言って、大ごとにしますでしょうか。

少し後ろめたさがあり、表沙汰にはしたくない、そう感じる人は少なくないはずです。
恐喝グループはまさにその心理を狙っているのです。

そして、今言ったことが、実際に発生したのが、「ぎゃるる狩り」という事件です。
Chattyと同様の無料出会い系アプリ「ぎゃるる」を介して発生した事件になります。

しかし、この事件のように警察に言って大ごとに出来ない人の方が多いはず。
何となく後ろめたいことですよね。その感情をうまくついているのが この恐喝の手口なのです。

このように「出会い系規制法」脱法アプリは、年齢の確認審査がないため、出会う相手が未成年である場合があったり、恐喝目的で近づいてきたりするリスクが存在するのです。

Chattyの開発者は個人名

悪徳出会いアプリの場合、運営会社は足がつかないようにappleやgoogleに登録する開発者名(デベロッパー名)を法人名等ではなく、個人名にしようとします。
「Chatty」の開発者名は「Ichiro Suzuki」という個人名で登録されています。
このイチローさんという人物、Chattyの他にも「ひまつぶしならオンラインチャット!!」「2軍人生。- 人気者は使えない!完全無料の掲示板トークアプリ」という出会い系アプリを運営しており、同じシステムを使って、外側を変えて量産しているようです。
本当に個人開発者かどうかはかなり怪しいかと思います。

Chattyの開発者サイトはダミーサイト?

悪徳出会いアプリの場合、運営会社は足がつかないようにappleやgoogleに登録する開発者公式サイト(デベロッパーサイト)をダミーサイトや使用実態のないTwitterやブログサイトなどを利用します。

「Chatty」の開発者公式サイトは下記が登録されていました。
https://freehelpdeskservice.com/support?app=CCHAT
アクセスすると、シンプルなお問い合わせフォームとなっており、開発者情報やサービス公式サイトではありませんでした。

Chattyの実態は不明

「Ichiro Suzuki」という個人名でサービスを運営しているようですが、これが本当に個人かどうかはかなり怪しいです。デザインや他出会い系アプリの量産を行なっていることから、業者である可能性の方が高いと思われます。

Chattyの利用者層

Chattyに特有のユーザー層というのは無く、「ぎゃるる」などその他の無料出会い系アプリと同じようなユーザー層と考えて まず問題ないです。
具体的には下記のような目的・属性のユーザーが混在しているというのが現状です。

▼18歳以下の少年少女

Appstoreのレーティングでは、18歳以下の男女は利用できません。
しかし、アプリをDLしても年齢認証などなく、自己申告の生年月日入力でパスできてしまうので、形骸化していると思われます。

▼援助交際目的の男性

18歳以下はいないはずですが、「実態としては多くの少女が利用している」という事実を知っている男性ユーザーが援助交際を目的として少女に声を掛けているというのが現状です。

▼ネットワークビジネスマン

「Chatty」に限らずですが、無料の出会い系アプリにはまず間違いなくネットワークビジネスマンがたくさんいます。「カフェで稼ぐ方法教えようか?」とわかりやすく誘ってきたりもします。こういう目的の人と関わっても、最終、得をしないのでかかわらないことを強くお勧めします。

▼チャットガールの誘い

女性ユーザーが気をつけなければならないのが、チャットガールの誘いです。
高収入バイトをうたい文句にライブチャットなどの仕事を斡旋しようとしてくる人間がいます。これも、最終的に、水商売や風俗への勧誘につながるため、軽い気持ちで関わることはお勧めしません。

Chattyで警察が関与する場合

Chattyでは出会い目的利用などは禁止されています。しかし、もし出会い目的利用の違反を犯した場合、Chatty運営側は警察に通達するかというと、そうではありません。被害者などから警察に届出があり、捜査対象になった場合にのみ、オルカ運営社は初めて警察に情報提供をするのが通常です。Chatty運営会社は小規模かつ、ユーザー対応能力や意思はほとんどないので、すべての案件に精力的に未然の対応をすることはほぼないと考えられます。

ライン交換は禁止

ChattyではLINEやカカオなどのID交換は基本的にNGとなっています。もしID交換の事実が運営側に知られるとアカウントが凍結になるのでご注意ください。
しかし、相手から隠語でLINE IDを教えられる場合も少なくありません。その場合、安易に相手を信用すべきではありません。Chattyで度々起こるのが、業者へのLINE IDの流出です。無料アプリということもあり、LINE IDを交換した途端、スパムのLINEメッセージが来ることも多々ありますので、ご注意ください。

度重なる不具合(メンテナンス中)が頻発

Chattyでは、「不明なエラー」による、通信障害により、メンテナンス中となり、アプリが動かない事態が度々生じています。
これはアクセス過多による不具合であると予想されます。
そのため、よく発生する時間帯は昼12時、夜19-20時ごろです。
度々起きていますが、なくなることはないので、運営元のシステム対応力や対応意思が低いのではないかと考えられます。

彼氏・彼女が利用していた場合の対処法

よく彼氏・彼女のスマホにChattyのアイコンがあり、「Chattyって何?浮気なの?」という心配をされる方もいます。Chattyはこれまで説明した通り、異性との出会いは禁止のアプリです。しかし、完全に出会いを期待しないユーザーだけかというと全くそういうアプリではないことは明らか。
彼氏・彼女が利用してたら「オルカ/マリンチャットの利用は心配だし、お互いの信頼のために利用しないで!」という決まり事をするべきだと思います。

ぜひこの件に関しては、パートナーと誠実に話し合うようにしましょう。

アカウントが凍結された場合

また既にChattyを利用しており、アカウントの凍結をされた場合、同様のアカウントの復活は不可能となります。異性との出会いを目的とした会話は一切してはいけませんし、できないことを改めて理解してください。

Chattyの退会方法

既にChattyのアカウントを持っている方で、退会を考えている方は下記の方法で確実に退会をしてください。
プロフタブ < ⚙ (設定) < アカウント削除

一度退会を行うと、メッセージやプロフィールのデータ復元は一切できないそうです。
また、退会後はアプリの削除も確実に行うようにしてください。

Chattyの利用は自己責任で

改めて伝えますが、Chattyは法律的な定義上、「出会い系アプリ」ではありません。
よって、「出会い系サイト規制法」による厳格なルールは適用されません。
Chattyの中で悪意を持って、他のユーザーに接近し、LINEなどを交換して友達となり、のちに事件化していくという可能性は大いに考えられますが、それに対して運営側は責任は負わないということになります。つまり、すべて利用するユーザーの自己責任ということになるのです。

このような無料の出会い系アプリでは、業者・援交目的などのユーザーが間違いなく存在します。
女性の方の利用は全くお勧めしませんし、男性側も、「ぎゃるる狩り」に代表されるような事件やネットワークビジネスへの勧誘などリスクは伴います。

そういったリスクをすべて理解した上で、Chattyを利用することは自由ですが、
そこで起こりうる損害はすべて自己責任としてください。

個人的にはChattyの利用はお勧めしません。

この記事が参考になれば幸いです。