セフレを作れる男の特徴は「都合のいい男」になれること

スポンサーリンク
本記事は男性向けの記事となります。女性の方はご覧にならないようにお願いします。

独り身の男性であれば誰でも「遊び」の恋愛をしたいなと思う時があると思います。
人間は欲張りな生き物です。「恋愛」は面倒、でも「欲求」は満たしたい。
こう考えるのは決して反道徳的ということではないと思います。

特に、社会人になると、

「仕事も忙しいし、本気の恋愛はしたくないけど…セフレは欲しい。」
「恋愛に時間は割けない。でも遊びの関係だけならあり」

こんなことを思う男性はたくさんいると思います。
真面目な女性から見ると、こんな男は、いかにも「女の敵」となってしまいますよね。

しかし、もし同じ目的の女性がいたならばどうでしょうか?
お互いに、割り切った関係を維持する共通の目的があるのならば、特別、問題はないはずです。

そして、そういった女性が世の中には確かに存在し、男女がお互いにセフレという距離感を大事にしつつ、お互いに楽しむ関係を作ることが可能なのです。
英語圏では、セフレのことを何と言うかご存知でしょうか?

Friends with benefit

と言います。直訳するとベネフィット(利益)のある友達関係。
つまり、お互いにメリットのある付き合い方ということです。

本記事では、このような利益を共にできるセフレ関係を作れる人の特徴をご説明し、どのようにしたら出会えるのか、その戦略論をご説明したいと思います。

セフレを作れる男は”できる人”

まず、前提として、セフレを作れる人はいわゆる「仕事のできる人」が多いです。

仕事ができると言っても、いわゆる「突破力のあるガツガツ営業の人」という感じではありません。
「えっ、こんな人がトップ営業なの?」というようなタイプと言ったら伝わるでしょうか。

セフレを作るには、ただイケメンであるとか、ノリが良いとか、ナンパが上手ということはあまり関係がないのです。

なぜか。

大事なのは、その女性が、どういった考えを持ち、どういう状況で、どんなことを求めているのかを的確に理解して、その女性が求めている価値を、自分はどのようにして提供できるのか、その結果としてセフレという関係になることができるからです。

これを言い換えれば、その女性にとって、「都合のいい男」になれるかどうか、これが大事なのです。
間違っても、自分にとって「都合のいい女性」を探すという発想ではダメです。
すぐに女性から「残念な男」と見抜かれ、成果は出せないでしょう。

そして、この方法論の本質を理解し、実行できる人というのは、仕事においても成果を出せるはずです。
目の前の相手や物事に対し、何を求めていて、どういう課題があるのか、そしてどうすれば解決できるのかを的確に判断すること。これは仕事においても非常に大事なことです。

その意味で「セフレを作れる人はできる人」ということに繋がるというわけです。

セフレに選ばれる男の3つの特徴

さて、前提として、セフレを作ることは頭を使う事ということは理解できましたでしょうか。
では、具体的にどうすればセフレになりやすいのか、ご説明していきます。

セフレに選ばれる男の特徴は大きく3つあります。

① 清潔感があり、話しやすいオーラがあること
② 聞き上手で、相手の悩みを受け止められること
③ 2番手以下の男という役柄を演じられること

これらの3つの特徴を併せ持った人であれば、セフレを作ることができるでしょう。

では、この3つの特徴について、より具体的にシュチュエーションを含めてご説明していきます。

①清潔感があり、話しやすいオーラがあること

この「清潔感」「話しやすいオーラ」という言葉、とてもふわっとしています。
なので、この二つのワードをを因数分解してみました。

すでに清潔感があると自負がある人は読み飛ばしてもらって構いません。

図にしてみた結果がこちらです。
今回、「清潔感」という大きなくくりの中に、話しやすいオーラが含まれているということにしました。

清潔感は、大きく外面的な要素内面的な要素に分かれます。

清潔感の外面的要素

清潔感を形作るのは、第一に大事なのが見た目
つまり、「服装・髪型・体型」 この3つが大事なポイントです。

清潔感の外面的要素1:服装

服装がだらしないのは論外です。
さらに、大学生っぽいような服装もNGです。
基本はスマートカジュアル。
冬場はシャツにジャケット、細いパンツスタイルが鉄板です。
夏場であれば、涼しげな襟付きのシャツやポロシャツにパンツスタイルが良いでしょう。

具体的にどんな服装?
と思う人は、WEARというサイトで#スマートカジュアルと検索してご覧ください。
「あっ、こんな感じか」とイメージが掴めると思います。

この時、上着とパンツだけに気を取られて靴をおろそかにしないように注意してください。
靴で手を抜かないことが重要です。

清潔感の外面的要素2:髪型

髪型はだらしない系の長髪はNGです。
色も黒髪がベストです。
整髪料を使って整えるのを忘れないでください。

「どんなイメージ?」と思う人は、HotPepperBeutyでビジネス向けのヘアスタイルをみると伝わるかと思いますので、ご覧ください。

清潔感の外面的要素3:体型

極端なデブ型や極端な痩せ型はNGです。

たまに「こんな俺でもセフレができる方法」といった怪しい広告を見かけることがありますが、それはまやかしですので、通常の体型になるよう努力をしてください。

清潔感の内面的要素

清潔感には外面的な見た目ももちろん、その人の物腰、性格など内面的な要素も重要です。
それを具体的に説明していきます。

清潔感の内面的要素1:適度な距離感

相手との距離感を見極めることが大事です。
ここでは、心的なものと物理的な距離感の2つを含めてです。
特に、物理的に意味もなく近づき過ぎないこと。
相手のパーソナルスペースにどかどかと入らないことは非常に大事です。女性は親しい人であっても、どかどかと自分の領域に入ってくる人を無意識的に嫌います。

清潔感の内面的要素2:話しやすい

清潔感を形作る、「印象」。
「印象が良い」というのは、本能的に「この人は私の敵ではない」と感じることです。
この印象を形作るのが「話しやすさ」なのです。
そして、「話しやすさ」を印象付けるためには、
– 聞き役になれること
– 相手への共感を忘れない
この二つのことを頭に入れてください。

「自分の話を嬉々として聞いてくるし、共感もしてくれる」

こんな人に悪い印象を持つ人の方が少ないでしょう。

しかし、ここで「相手が口下手だったらどうするの?」という質問が生まれくると思います。

口下手の方は、対人関係において緊張状態にある場合が多いです。なので、その緊張をほぐすことを始めましょう。

緊張状態をほぐすには、相手との共通点を見つけることが突破口となります。例えば、アニメ・映画・ドラマ・音楽・旅行経験など、何らかの共通点を見つけ、そこを膨らませていく。そうすることで「この人は敵ではない」ということが伝わり、次第に自分から自分のことを語ってくれるようになっていきます。

ここでも、前提として、相手の状態を正しく理解して解決策を自分で見出す、「できる男」としての価値が問われていることを忘れないでください。

清潔感の内面的要素3:下心を感じさせない

相手との距離感をわきまえずに、いきなり下心の見えるセリフを言うと、どん引きされます。
例えば、下手な理由をつけて、むりやり家に来させようとしたり、「初体験はいつ?」「最近したのはいつ?」とデリカシーのない会話をしようとするのは絶対NGです。

女性をその気にさせるには、「そういう下の会話をするのが良い」という情報をどこぞから得て実践している男性が多いのですが、完全に間違っています。できる男は自分本位な会話はしないのです。何度も言いますが、これは仕事においても共通の話です。

聞き上手で、相手の悩みを受け止められること

さて、これまでセフレを作れる男の特徴の一つである「清潔感」について説明してきました。
二つ目の特徴は何かというと、「聞き上手で、相手の悩みを受け止められること」です。

これまで何度も何度も説明してきたように、できる男は共感能力が高いです。
そのためには、相手の話をよく聞き、相手の悩みを理解して、受け止められることが非常に大事なのです。

では、聞き上手って一体どうすればなれるの?と思う人が大半だと思います。
この「聞き上手」というものを因数分解してみました。

聞き上手に必要な要素は、大きく4つです。

では、この一つ一つを説明していきます。

聞き上手の要素1:適度な相づち

相手の話をきく際、適度な相づちが重要です。
もちろん、ただ「へー」「はー」と言っているだけではダメで、「あー、そうなんだ!」「それは、すごいね!」「それは面白いね!」といった、ちょっとした感想を入れるだけで大きく印象は変わります。

聞き上手の要素2:相手の話を否定しない

女性の話は時に冗長になりがちです。しかし、そこで、「で、結論はなに?」「それはこうじゃない?」といった異論を唱えることはしないように。

相手の話を聞いて、理解して、そして共感する。
それだけいいんです。

無駄にアドバイスをしたり、結論を急かすようなことには意味がありません。

男は自分勝手な生き物です。
何をするにも「自分がすごいと思われたい」「自分だったらこうできる」という自分主体の話に持って行こうとします。そして、女性はいとも簡単にその身勝手な思考回路を見抜くのです。
そういう男性からは女性は何も言わずに去っていくでしょう。

聞き上手の要素3:質問をして盛り上げる

ただ聞き上手というだけでは、話は盛り上がりません。

相手の話を折らない程度に質問を挟むこと、これが重要です。
質問といっても、抽象的なふわっとしたことではありません。

例えば、相手が甘いものが好きという話をしてきたら、
「オススメのスイーツ屋さんはどこ?」「どうやって情報収集してるの?」
といった具合に、相手の話を膨らませる質問をしていきます。

相手もテンポよく話せるので、自然と会話が弾むでしょう。

聞き上手の要素4:相手の目を見る

相手の目を見る、これはコミュニケーションの基本であります。
しかし、目を見なすぎると良くないですし、目をずっと見続けるのも良くないです。

相手からずっと目を見られ続けているのは、ちょっと怖いですよね。
目を見すぎることの違和感や、目を合わせなさすぎることの違和感を相手に与えてしまうのは、コミュニケーション初心者と思われるので、気をつけてください。

2番手以下の男という役柄を演じられること

さて、セフレを作れる男の特徴として、清潔感があること、そして、聞き上手で悩みを受け止められるという特性を説明してきました。

最後三つ目の特徴となるのが、「2番手以下の男という役柄を演じられること」です。

セフレである以上、相手の一番好きな男になられては困りますよね?
相手に彼氏がいようが、好きな人がいようが、自分は2番目以下の男性という立ち位置を死守する必要があるのです。

これは、ここまで説明してきた特徴をすべて持った「できる男」の場合、非常に舵取りが難しいものになるでしょう。
女性に対し、ホスピタリティたっぷりで接しつつも、本命の彼氏に昇格しないような関係を続ける、これができたら満点です。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。

結論から言うと、相手の好きなタイプと嫌いなタイプのど真ん中の超中途半端な男を演じるのです。

そのためのには、まずは相手の「好きな性格タイプ」を聞いてみてください。

もし、マメな男が好きなタイプであれば、最初の数回はとてもマメに振舞うが、親しくなるとボロが出て、マメさを感じないやりとりを行ってください。その女性の好きなタイプを最初は演じようと努力するが、結局ダメなポイントをしっかり見せることが大事です。そして、そのことをしっかり自虐してください。
「鈍臭くてごめんね〜」「マメじゃなくてごめんね〜」と。

そうすることで、女性に対して、「嫌いにはならないけど、恋人にはなれないな」という認識を作ることができます。

出会いを増やすために

ここまで、セフレに選ばれる人の特徴をご説明してきました。
この特徴に基づいた行動を取っていけばセフレを作る確率は飛躍的に上がるはずです。

しかし、セフレ作る上でもっとも重要なことは何かかご存知でしょうか。

それは、「出会い」です。

セフレを作るとなる時に、同じ学校・会社の人とそういう関係になることはできますか?
あるいは、バイトなどの共通のコミュニティの人とそういう関係になれますでしょうか?

答えはほとんどの人がNoだと思います。

共通の知人がいる場合だと、セフレという関係を作ることは難しいのです。

そこで、多くの人が利用しているのが、「ネットの出会い」です。

男女ともに、セフレになることを前提にマッチングをすることができる出会いサービスがあるため、そこを利用するのが最近では一般的となっています。

おすすめできる出会いサービス

日本には多くの出会いサービスが存在しています。
しかし、その中で、本当に出会るサービスは限られています。

私がセフレを作る出会いサービスでおすすめできるのは、ハッピーメールです。

なぜ、おすすめできるのか。
出会いサービスの業界マッピングを作って見ましたので、それを元にご説明します。

現在、多くのマッチングサービスがありますが、遊びの恋愛系と真面目な恋愛系という横の軸があります。
遊びの恋愛であるほど、年齢としては若くなりやすく、女性でいうと18 ~ 24歳ぐらいでしょうか。

一方で、真面目な恋愛系では、結婚も視野に入れた真剣交際が前提となります。したがって、自然と年齢層は上がり、平均は25 ~ 35歳ぐらいとなります。

セフレを探す際にどちらを選べば良いかと問われれば、それは結果は明らかです。
前者である、遊びの恋愛目的の18 ~ 24歳が多いマッチングサービスでしょう。

そして、遊び系マッチングサービスの中でも、年齢層の偏りが比較的少ないのがハッピーメールなのです。

さらに、facebookアカウントを持っている方は、facebookでログインすることで、自分の友達とハッピーメール上で繋がることはなくなるので、安心してできるでしょう。

ネットの出会いというとためらう人もいると思います。「本当にそんな女性はいるのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。実際にハッピーメール内にも出会いをフックにしたマルチ商法業者はいます。しかし、それはハッピーメールだけに限ったことではないので、業者を見分ける目を養えば一切問題はないのです。

最初は慣れが必要だともいますが、軽めの関係を望む女性との出会いがもっとも多いのは、ハッピーメールだと思いますので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

ハッピーメール イメージCM🎥

※上のボタンからWeb登録をすると1200円分の無料ポイントがGETできますが、手軽にアプリからダウンロードして利用したい方はこちらから

スポンサーリンク