出会い系アプリ「ラブライン」の実態を評価・検証

スポンサーリンク
ラブライン_icon
出会いチャットのラブラインで出会い探し
運営会社 販売元: erika kijima
© ラブライン 2017
サービス開始 2017年
アプリストア AppStore
google play版は未リリース

ざっくりまとめると

  • ラブラインは出会い系規制法を免れる脱法出会いアプリ
  • 利用者には恐喝・逮捕リスクが必ず存在することを理解すべき
  • 登録直後にメッセージがくるが実態は運営会社のサクラなので安易な課金は禁物

アプリの説明

Appstore引用:
だれにもバレずに出会いGET!!
ラブラインで素敵な出会いを探しちゃおう!

【オススメ】
近所で友達を作りたい、趣味友が欲しい、彼氏・彼女が欲しいけど、チャンスがない、恥ずかしいと思っている方!
ラブラインなら誰にもバレずに素敵な出会いが探せます!

【機能】
マッチング機能
個別チャット機能
画像検索機能
年齢別検索機能

【安心・安全の通報機能】
通報機能もついているので嫌がらせ、脅迫、勧誘などを行うユーザーを運営側に通報することができます。
また、ユーザー様の位置情報はリアルタイムには取得致しません。

ラブラインの料金体系

ラブラインは有料の出会いアプリです。
トーク送信や掲示板投稿のたびにポイントが消費され、ポイント購入のために課金を促すことで利益をあげるビジネスモデルです。

各アクションに対する消費ポイントは下記の通りです。

メッセージ送信:25G
写真送信:25G
写真閲覧:5G

初回は115Gが無料で付与されていますが、追加の場合は課金購入となります。ゴールドの料金テーブルは下記の通りです。

購入ゴールド 料金 1ゴールド辺りの料金
100G 1,080円 10.8円
300G 3,000円 10円
530G 5,000円 9.4円
1050G 9,800円 9.3円

つまり、トーク送信1通が25ゴールドなので、金額換算すると232~270円となります。
10通のやりとりをすれば、2,320~2,700円となるわけです。

初心者の方であれば、「なんだ、出会い系ってこんなものなのか?」と思うかもしれませんが、この金額は”高い”です

サクラだらけの詐欺出会いアプリによくある価格設定なので、十分気をつけてください。

優良出会い系サイトであれば、1通50円程度というのが相場です。

ラブラインは出会えるのか?その実態を調査

ラブラインは果たして健全なアプリなのか、その実態を調査してみました。

ラブラインは異性紹介事業の届出なし

ラブラインはポイント制を導入しており、どこからどうみても出会いアプリなのですが、インターネット異性紹介事業の届出をしていませんでした。
つまり、正式にはラブラインは出会い系アプリではないということです。
実際にアプリストアの注意文言には下記の記載がありました。

※当アプリは異性紹介事業アプリではありません。

異性紹介事業アプリではないということは、男女の交際目的のマッチング・メッセージングをすることはできないということです。

ラブラインの実態は、男女の出会いをキャッチコピーにしてユーザーを集めながら、実際には出会い系アプリの負うべき義務と制限を免れている脱法出会い系アプリなのです。

年齢確認がなし

前文でも説明したようにインターネット異性紹介事業の届出がないので、ラブラインには登録者の年齢確認をする義務がありません。実際にアプリをダウンロードしても、年齢確認のための書類提出などは必要ありませんでした。

つまり、「年齢を偽って登録する」「性別を偽って登録する」ということが十分考えられるので、「ぎゃるる狩り」のように未成年交際による逮捕リスクや、逮捕リスクを逆手に取った恐喝などへ事件化する可能性は大いにあるでしょう。

サクラの存在

これらを踏まえて、実際にラブラインを利用した結果、サクラがいるアプリだということが判明しました。

まず、検証の為にラブラインをDLしてみました。そして、数時間アプリを放置した結果、どうなったかというと…

こうなりました。

見てわかるように、複数の女性からメッセージが届きました。

この手の出会い系アプリの利用経験がある人はここで勘づくと思いますが、これはほぼ100%の確率でサクラでしょう。

なぜかというと、私が設定したプロフィールにほとんど何も設定していないからです。
顔写真すら載せていませんでした。

顔もわからない、自己紹介の文も何もない男性に、声をかけてくる女性がいると思いますか?
一般世界に置き換えて見てください。渋谷の街中でマスクとサングラスをかけて顔が一切わからず、何もパーソナリティもわからない男性がいたとして、その人に女性が声をかけてくると思いますか?声をかけてくるとしたら、それはもうビジネス目的なはずですよね?
ということで、ラブラインはサクラが大多数の悪徳出会い系アプリであることは間違いないでしょう。

手当たり次第にメッセージを送り、引っかかった人に、会話を続けさせ課金を促しているのです。

ラブラインのグレーな運営元

悪徳出会いアプリの場合、運営会社は足がつかないようにappleやgoogleに登録する開発者名(デベロッパー名)を法人名等ではなく、個人名にしようとします。

「ラブライン」の開発者名は「erika kijima」という個人名で登録されています。
個人開発者の名前を使って、足がつくことを隠しているようです。

健全な運営体制があるとはいえないでしょう。

ラブラインの退会方法

ラブラインに利用価値がないことがわかったら、速やかに退会することをオススメします。
下記の方法で退会をしてください。
マイページ < 退会 また、退会手続きが完了したら、アプリの削除も必ずするようにしてください。

ラブラインについての総評(まとめ)

ラブラインは法律的な定義上、「出会い系アプリ」ではありません。
よって、「出会い系サイト規制法」による厳格なルールは適用されません。
さらに、男性ユーザーには登録直後にたくさんのメッセージがきますが、全てサクラですので、くれぐれもメッセージを続けて課金をしないようにしてください。

また、インターネット異性紹介事業の届出をしておらず、年齢確認や本人確認が行われないので、「ぎゃるる狩り」に代表されるような恐喝事件やネットワークビジネスへの勧誘などリスクもありえます。
このことから、ラブラインを使うメリットは一つもないと断言します。
健全な出会いをしたい方は絶対に利用はしないようにしてください。

スポンサーリンク