出会い系アプリ「mimi (ミミ) 」の実態を評価・検証

スポンサーリンク
mimi_icon
mimi – 好きな顔で探す恋愛・婚活・出会いアプリ

運営会社 株式会社mimiLab
© 2016 mimiLab, Inc.
サービス開始 2016年4月1日
アメーバブログで有名なサイバーエージェントグループが運営するマッチングサービス。好きな顔を検索して選べる機能が一押しのため、若いユーザーが多く、婚活よりももっとカジュアルな恋愛が始まりやすい。

mimi(ミミ)を始める前に知っておくべきこと

2016年4月にリリースされたmimi(ミミ)。現在マッチングサービスといえば、日本最大のPairs、ゼクシィ恋結び、omiaiなど、大手のサービスが目立っていますが、mimiは後発の新興サービスとしてリリースされました。
多くの競合サービスがある中、mimiにはどういった特徴があり、どういった人がサービスを利用しているのか本記事では紹介したいと思います。

運営元は大手企業

mimiはサイバーエージェントグループが作るマッチングサービスです。
サイバーエージェントと言えば、現在、年間売上高3,000億円を超える巨大IT企業グループとなっています。
上場企業ということもあり、システムの安定性やセキュリティにも強いと言えます。
また、サイバーエージェントは同時期に別のマッチングサービスをリリースしており、自社内で競争をさせているようです。
他にもQunme(キュンミー)タップル誕生というサービスがサイバーエージェントグループのマッチングサービスでは有名です。

ログイン形式が多様!facebookとTwitterに対応

Pairsなどの大手マッチングサービスはfacebookログインのみですが、mimiの場合は、facebookログインとtwitterログイン、さらにメールアドレスでの登録が可能となっています。
このように簡単にできて参加障壁は低い反面、twitterは個人でも複数のアカウントが作りやすく、メールアドレスは無限に作れてしまうため、悪意を持ったユーザーが使うことも多く、安全性という面では低くなってしまうというデメリットがあります。

好きな顔を選べる検索機能

他のマッチングサービスには無い、mimi(ミミ)独自の機能がこちらの顔検索機能です。
これはどういうことかというと、プロフィール写真の顔を独自のシステムでパーツごとに分類して、検索条件で検索することができるという機能なのです。
具体的には下記のような、検索条件で分類されます。

▼男性から見た場合
「目」「眉」「鼻」

「口」「輪郭」「髪の長さ」

▼女性から見た場合
「顔(調味料)」「顔(動物)」「目」

「眉」「鼻」「口」

ちなみに登録時に自分の顔の特徴を分類することはないため、アプリが勝手に顔の特徴を判別していると思われます。
特に、女性側の顔検索分類にある調味料カテゴリ「しょうゆ顔」「ソース顔」「塩顔」や、動物カテゴリ「ネコ顔」「ウマ顔」「サル顔」「ヘビ顔」は他のアプリには無い独自の機能と言えると思います。

さらに面白いのはこの顔検索と通常の条件検索は併用できないということです。つまり、顔も良くて、条件(年収や職業)も良いという都合の良い探し方はできませんw きっと絞り込み過ぎると対象者の人数が少なくなってしまうため敢えてそのような複合検索はできないようにしていると思われます。

ここで検証!本当に好きな顔を検索できるのか!?

この顔検索が本当に正確に顔分類ができているのかがとても気になりますよね?
そこで、筆者の妻に検証してもらいました。

女性の場合、顔(調味料)という分類で検索することができるため、さっそく調味料検索をしてもらいました。
ちなみに調味料検索のイラストで使用されている画像が明らかに「向井理」でした。↓これです
イラストですし、きっと無断使用でしょうね…

筆者の妻が向井理の大ファンだったため、試しに妻に女性登録してもらい、「しょうゆ顔」検索をして向井理似の方を探してもらいました。
その結果は、、「全然向井ではない..」とのことでした。

「それはそうだよね..」という結果ではありますが、mimiアプリでは、このように顔分類のイラストが芸能人を模したものになっているため、無用に期待値を上げることになってしまい、女性のがっかり感が多いようです。男性は勝手にがっかりされていることもあり得るので注意が必要ですね。

「顔が好き」というモチベーションをフックにして、その先の恋愛が上手くいくかどうかは全くわかりません。しかし、数あるマッチングアプリの中で唯一の顔検索という機能を持ったサービスなので、一見の価値はあるかと思います。この顔検索だけであれば無料会員の状態でも男女ともに利用可能なので、気になる方は一度アプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

mimi(ミミ)で出会いは生まれるのか?

現在、たくさんのマッチングサービスが立ち上がっている中、mimiにお金をかける価値があるのかどうかという判断をするためには、「利用者の質」を冷静に判断する必要があると考えています。これはマッチングアプリを評価する際に時に最も重要視するべきことです。

mimi(ミミ)の利用者の質は?

mimiの利用者は男女ともに、婚活目的よりもライトな遊び目的が多いです。
「好きな顔で選べる」というキャッチコピーで大々的にプロモーションをしていることもあり、利用者は軽い気持ちで始めていると考えられます。真剣交際よりもワンチャンを狙うというタイプの男性が多いのではないでしょうか。女性の場合は、しっかりと男性の見極めが必要になります。

また、Pairsなどの場合、facebookで友達が10人以上いるアカウントでしか登録ができないことによって業者やマルチ商法目的の利用者が登録することを防いでいる一方、このmimi(ミミ)では、facebookだけでなく、twitterやメールアドレスで簡単に登録できてしまうため、業者やマルチ商法目的の利用者が多いと思われます。初めてこういったマッチングサービスを使う人は気をつけて頂きたいと思います。

どのようにして、業者やマルチ商法目的の利用者を見分けるのかについては下記の記事に詳しく書いたので、ぜひ御一読ください。

男性は有料会員にならないと何も始まらない

マッチングサービスにおいては常識ですが、男性会員の場合、女性とのマッチングまでは無料。マッチング後のメッセージのやりとりを開始するには有料会員登録が必要になります。
有料会員登録をすると下記のことが可能になります。

・メッセージ無制限
・相手の人気度がわかる(like/yesの数が表示される)
・足跡の表示人数が増える
・300ポイントが月ごとに付与される

料金テーブルは下記の通りです。

プラン名 金額
1ヶ月コース 3,600円 / 月
3ヶ月プラン 2,934円 / 月
(一括8,800円)
6ヶ月ブラン 2,800円 / 月
(一括16,800円)
12ヶ月プラン 2,234円 / 月
(一括26,800円)

課金時の注意!

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月というプランがありますが、該当期間が過ぎると自動更新になり、また自動引き落としがなされるので、注意してください。こちらはmimi(ミミ)の利用規約に記載されています。

mimi(ミミ)におけるマッチングの仕方

mimiでは、likeとyesという、いわゆるfacebookの「いいね」のようなアクションを相手にすることによって、相手からlike / yes 返しがなされるとマッチングとなります。このyesとlikeの違いがものすごくわかりにくいので、ここについて詳しくご説明したいと思います。

mimi(ミミ)における「yes」とは?

yesというのが「type」メニューから異性を検索して行えるアクションのことです。
「type」検索の特徴は見た目の条件で選べることです。この見た目条件で検索した異性に対して「yes」を送ることができます。「yes」による消費ポイントは1ポイントです。直感的にスピーディーに相手を探してアプローチできるのがこの「yes」の特徴ということになります。

mimi(ミミ)における「like」とは?

likeというのが「list」メニューから異性を検索して行えるアクションのことです。
「list」検索の特徴は、年収・職業・趣味など見た目以外の条件で選べることです。この条件で検索した異性に対して「like」を送ることができます。「like」による消費ポイントが10ポイントです。

「yes」と「like」はどちらをすべきか?

yesは1ポイント、likeは10ポイントを消費します。ポイントだけみるとlikeの方が価値が高いので、マッチング率も高くなるように思えますが、実はいっさい変わりません。異性からすると同じように相手から「yes/like」が来ました、と通知が来るだけで、マッチング率が変わるような通知のされ方はありません。

そのため、mimi(ミミ)の場合は「like」を送ってポイントの無駄撃ちをするよりも、「yes」を中心に送って、多くの人にアプローチしていった方が得策です。

まとめると

mimi(ミミ)の顔検索の機能は他のマッチングサービスにはなく、真新しさはあります。しかし、それで本当に恋愛に発展する出会いが生まれるかは別問題です。また、利用者の真剣度という基準で考えると、登録の参加障壁が極端に低いので、遊び目的が多いです。また業者やマルチ商法目的の利用者も多いはずです。

結論からいうと、マッチングサービスを始めて利用しようとする初心者は利用者の量と質が担保されているPairsなどの大手サービスを利用するべきだと考えます。Pairsでどうしても上手くいかなかった場合、mimi(ミミ)などを使って異性を探すアプローチを変えて再チャレンジしてみることをお勧めします。

ぜひこの記事があなたの恋活・婚活の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク